冬季うつ病とは?寒いとやる気が出ない理由と対策

近年、冬になると「冬季うつ病」という言葉を耳にするようになりました。比較的新しい概念ということもあり、詳しい症状は一般的にはあまり知られていないかもしれません。

今回はこの冬季うつ病の症状と対策についてお話しします。

スポンサーリンク

冬季うつ病とは?寒いとやる気が出ない理由と対策

冬季うつ病とは?寒いとやる気が出ない理由と対策

冬季うつ病とは?

冬季うつ病とは、季節性情動障害(Seasonal Affective Disorder)という症状の一形態として取り扱われています。

季節性情動障害自体は、春に出る人もいれば、秋に出る人、夏に出る人もいます。その場合は、春季うつ病、秋季うつ病、夏季うつ病等と呼ばれます。春季や秋季は学校の新学期などに絡んで発病する人が多いのですが、冬季うつ病の場合は、天候が大きな要因となっているのが特徴です。

冬季うつ病とは?寒い時期やる気が出ない病気

症状としては、一般的なうつの症状である疲労倦怠感、ふさぎこみ、不活発に加え、過眠(眠りすぎ)、過食(食べすぎ)があげられます。特に、甘いものを過剰に食べてしまうことが多いようです。過眠、過食は一般的なうつ病にはあまりみられない症状なので、良く食べて良く寝ているのだから大丈夫、と初期症状を見過ごされがちです。寒いとやる気が出ないのは仕方ない、と見過ごしてしまいがちですが、初期症状に気づいた時点で対策を講じましょう。

寒い冬にやる気が出ない理由

生命が活気を持つには、暖かい気温と太陽光が必要ですが、冬はこの双方を欠いています。寒い時というのは、誰でも活動を控えて、暖かい部屋でゴロゴロしていたくなるものです。

冬季にうつを引き起こす原因として重要なのが、太陽光の弱さ・日照時間の短さです。

冬場は日照時間が短く、日射量が不足しがちです。日射量が不足すると、精神安定をもたらすホルモン「セロトニン」が十分に分泌されません。このセロトニン不足は通常のうつ病でもいわれているように、うつ症状の直接的な原因となります。


寒い冬にやる気が出ない理由と対策


また、就寝時に分泌される「メラトニン」は、昼間の太陽光によって分泌が抑制されますが、日射量不足によって起床時も多いままだと活動のスイッチが上手く入らないことになります。

気温の低さに加え、日射量不足によって、これらの物資の適切な分泌が行われなくなることが、冬季うつ病の原因と考えられています。

冬季うつ病の対策

冬季うつ病を改善するには、初期症状のうちに生活習慣を見直すことが大切です。冬季はどうしても陽のあたる時間が短かくなりますが、できるだけ日中に太陽光を浴びるように心がけましょう。

また、早寝早きを習慣づけるのも、冬季は特に大事です。休日でも、太陽が昇ったら、起きて身体を動かしましょう。食事は代謝を高める根菜などのほか、セロトニンを生成する働きのある「トリプトファン」を多く含む食材(赤みの魚や肉、レバー、大豆製品など)をバランスよく摂るようにしましょう。

サプリメントで摂取する方法もあります▼

[ お得サイズ ] Lトリプトファン 500mg カプセル120粒入り 海外直送品 [ お得サイズ ] Lトリプトファン 500mg カプセル120粒入り 海外直送品

Source Naturals
売り上げランキング : 8915

Amazonで詳しく見る


冬季うつ病とは、文字通り冬季に発病する疾病ですので、通常は春頃になると症状は治まるものです。しかし、春以降もうつの症状が改善されない場合には他の理由があることも考えられますので、心療内科で相談の上、対策をとった方が良いでしょう。

まとめ

低温度の冬季は人間も動物も不活発になるというのは自然なことです。しかし、だからといって、過眠、過食、やる気が出ないといった症状を全て「しかたない」で片づけてしまうのは良いことではありません。

冬季うつ病が高じた場合、医師が休養を推奨する場合もあります。まずは、生活習慣を改め、日光によく当たるようにするなど、日常生活の中で出来ることから、冬季うつ病にならない工夫をしていきましょう!

スポンサーリンク
冷え性対策ぽかぽかサプリメントランキング