靴下を履いて寝るのは逆効果?寝る時の足の冷え対策


寒い時期になると、靴下を履いて寝る方も多いと思います。最近では、就寝時用のあったか靴下などもよく見かけるようになりました。

しかし、中には、「靴下を履いたまま寝るのは逆効果!」と主張する人もいますよね。いったいどのような点が問題なのでしょうか?

今回は、「靴下を履いて寝ることのデメリット」と、「寝る時の効果的な足の冷え対策」についてまとめます。

スポンサーリンク

靴下を履いて寝るのは逆効果?寝る時の足の冷え対策

靴下を履いて寝るのは逆効果?寝る時の足の冷え対策

靴下を履いたまま寝るのはNG?

靴下を履いて寝る習慣には、実は昔から賛否両論ありました。

冷えは健康の大敵。特に足元は絶対冷やしてはいけない。だから、女性や子供、お年寄りなど、足の冷えやすい人は寝るときも靴下を、というのが推奨派の意見。

確かに、寒い冬に辛いのは、身体が冷えきって眠りに入れないことです。頭寒足熱というように、頭部をクールに保ったまま足元をしっかり暖めて寝ると、質の良い睡眠に繋がります。ですから、冷え切った足を暖めるため、入浴後すぐに靴下を履き、そのまま眠るのは理にかなっているようにみえます。

それでは、どうして『靴下を履いて寝るとよくない』という意見があるのでしょうか?

靴下を履いて寝るデメリット その1

冷えを根本的に解消するには、血行を良くし、血流を促進することが大切です。体の中心から遠い手先や足先は、血流が滞りやすいため、特に冷たく感じるわけです。その足先を靴下で圧迫してしまうと毛細血管の血流が滞ってしまい、余計に冷えに繋がってしまうことに繋がります。

靴下を履いたまま寝るのが体に悪い理由


特に、起きて活動している時と違って睡眠中は足をほとんど動かしませんので、足首・足先の圧迫には注意が必要です。

靴下を履いて寝るデメリット その2

2つ目のデメリットとして、足はただでさえ発汗の多い箇所ですから、靴下で覆ってしまうと「蒸れやすい」ことがあげられます。

蒸れると、湿った体表から体温を奪われてしまいます。つまり、靴下を履いて寝るというのは、一見足先を暖めているようで、実際には体温を奪ってしまうこともあるのです。

寝る時の足の冷え対策

では、寝る時に靴下を履かなくてもできる「足の冷え対策」をご紹介します。

靴下に代わるお勧めの足の冷え対策としておすすめなのが、レッグウォーマーの着用です。
足先を覆わないレッグウォーマーなら、靴下と違って、足先の血流を抑止することもありませんし、蒸れて体温を奪うこともありません。足首付近に着用することで血流を促進し、足先までしっかり暖めてくれます。

寝る時にレッグウォーマーを使用する際は、足首を圧迫しない緩めのタイプを選ぶようにしましょう。

ふくらはぎ専用レッグウォーマー


また、足元に湯たんぽなどの防寒グッズを使うのも代替策として有効です。

レンジでゆたぽん Lサイズ レンジでゆたぽん Lサイズ

白元アース
売り上げランキング : 2767

Amazonで詳しく見る

まとめ

靴下を履いて寝るのは、寝入る時に足先を暖めるという点ではメリットがありますが、血流の阻害や、時間が経つと蒸れて体温が奪われるといったデメリットもあります。

特に、靴下を履いて寝てみた結果、暑かった、不快感があったという感想を持った人は、別の方法で足の冷え対策を講じるのがおすすめです。

靴下の代わりにレッグウォーマーを使用する、湯たんぽを利用するなどといった寒さ対策を取り入れて、寒い冬の夜を快適に乗り切っていきましょう!

スポンサーリンク
冷え性対策ぽかぽかサプリメントランキング