猫の寒さ対策 | 寒い冬のペット用の防寒グッズ


寒さ厳しい季節、皆さんの猫ちゃんは元気にしていますか?

「♪犬は喜び庭駆け回り、猫はこたつで丸くなる」と歌に歌われているように、猫は温かい場所で眠るのが大好き。そうすると、寒さは嫌いなんだろうな、と心配してしまいますね。「最近では、外を散歩している犬たちは冬になると温かい洋服を着こんでいるし、猫にもいるのかしら?」なんて考えたことありませんか?

というわけで今回は、猫の寒さ対策についてお話します!

スポンサーリンク

猫の寒さ対策 | 寒い冬のペット用の防寒グッズ

猫の寒さ対策 | 寒い冬のペット用の防寒グッズ

適温は人間と同じ程度

猫の体温は人間より少し高めですが、何といってもふわふわ毛皮を着ていますので、温室のように温かくしてあげる必要はありません。

猫は眠ってばかりいるようですが、起きているときは高い場所から飛び降りたり、飛び乗ったりと活動的です。また、人間の近くで暮らしてきた動物ですので、人間と同じくらいの温度が生活には適しています。

冬の暖房設定温度でいうと、20度くらいが適当で、歳をとった猫や病気の猫は22-23度くらいで温めてあげると良いです。

寒い冬の防寒グッズで猫の寒さ対策

また、猫は動物的本能に優れていますので、家の中、部屋の中でどこが快適かをよく知っています。夏は家中で一番風通しのいい涼しいところ、冬は暖かい場所にちゃっかり場所を占めているのが猫ちゃんの特徴ですね。

猫がいるからと言って特別に暖房の設定温度を高くするよりも、風邪をひかないよう、湿度を保つ工夫をするなどしてあげてください。

ハウスを置く位置

猫は防衛本能から、高いところを好みます。高い所は視野が広く、外敵から襲われる心配が少ないため、安心してくつろげるからです。

猫用のハウスやベッドを置く場合も、少し高い位置においてあげるのがお勧めです。ドアの傍や窓の近くといった風が入り込みやすい場所、冷えが伝わりやすい床に直接置くのはできるだけ避けて下さい。どうしても床に置く場合はハウスと床の間に身にカーペットなどを設置して寒気を遮断しましょう。

また、ハウスの底の部分には毛布などを敷いてあげるのが良いですね。温かい敷物があると、ほっとして眠れます。

ottostyle.jp 小型犬/猫用 あったかクッション寝袋 Sleeping Bag ブラウン 【Sサイズ】 (マイクロファイバー仕様) 幅55cmx奥行き40cm ottostyle.jp 小型犬/猫用 あったかクッション寝袋 Sleeping Bag ブラウン 【Sサイズ】 (マイクロファイバー仕様) 幅55cmx奥行き40cm

コンポジット
売り上げランキング : 20750

Amazonで詳しく見る

電化製品をつけっぱなしにするのはご法度!

ネコ科のご先祖は砂漠を駆け回っていたので、寒い冬はあまり得意ではありません。家にいるときは、こたつやヒーターで暖をとらせてあげると喜びます。

ただし、いくら猫が気持ちよさそうにしているからと言って、猫たちをおいて家を出る際に、ヒーターやこたつをつけっぱなしにしていくのは危険です。猫はじゃれるのが大好き。飼い主さんがいなくなって退屈すると、電気コードをかじったりする危険性がありますので、出かけるときは必ず電化製品をオフにして出ましょう。

室内で飼っている場合、よほど寒くならない限り、日当たりの良い場所に毛布などがあれば、機嫌よくくるまっていますよ。

キャティーマン (CattyMan) 手編みニット風毛糸だまベッド キャティーマン (CattyMan) 手編みニット風毛糸だまベッド

ドギーマン
売り上げランキング : 320

Amazonで詳しく見る

まとめ

猫は人間のそばで生きてきた生き物ですので、起きているときの猫の寒さ対策は特に必要ありません。飼い主さんが寒いと感じれば、猫も寒さを感じていますので、暖房やこたつを入れてあげれば十分です。

お部屋には、飼い主さんが出かけるときのために、猫用のハウスやベッドを用意し、毛布などで温かく装備してあげると良いでしょう。ハウスやベッドは寒気を避けて少し高めの位置に設置するのがお勧めです。

猫は遊ぶのが大好きですから、安全のため、留守の時は必ず電化製品のスイッチは切っておくようにしましょう。

スポンサーリンク
冷え性対策ぽかぽかサプリメントランキング