冬の窓の結露対策


冬の窓の結露、鬱陶しいですよね…。北国の列車の窓などにポツポツ浮かんでいるのはロマンティックで趣があるものですが、家の窓となると話は別。見た目が良くないだけではなく、窓枠や床などが変質したり、カビの原因になったりと、実害も生じてきます。

今回は、寒い冬の窓に付着する結露対策についてお話しします。

スポンサーリンク

冬の窓の結露対策

窓の結露対策 | 寒い冬の過ごし方

結露ができる理由

冬の窓にびっしり付着する鬱陶しい結露、あれは、一体どうして起こるのでしょう?

結露というのは、温度の低い窓ガラスなどに、空気中の水蒸気が凝結してくっつく現象、あるいはくっついた水滴そのもののことを言います。

冬になると、冷たい外気と暖かい室内の空気が窓ガラスをはさんで隣接することになります。外気によって冷やされた窓ガラスと室内の温度差が上がると、その分、水蒸気が凝結し、結露となって窓ガラスに付着するというわけです。

結露による被害

結露による被害は、シミや汚れなどの直接的なものだけでなく、間接的な健康被害などにもつながります。

日本はもともと木の文化。近年では木造家屋こそ減っているものの、窓枠や床が濡れてしまうと痛んだり、カビが発生する原因になります。

窓の結露対策

結露によってカビが生じれば、その周辺で生活する人間にも健康被害が出る可能性があります。

普通の大人なら不快程度で済みますが、特に体の弱い人や老齢の方、赤ちゃんなどはアレルギーを引き起こしやすくなるので、しっかり対策しておきましょう。

結露対策① 「換気」

では、この結露を防止するにはどのような方法があるのでしょうか?

一番手軽に行える結露対策は、こまめに換気することです。結露は室内外の温度差によって引き起こされますので、時々外の空気を取り入れていると、ある程度の結露は防げます。

窓枠の周辺にシミやカビを生じさせるような結露は長時間放置しておくことが原因ですので、換気だけでもしっかり行いましょう。換気扇のある部屋なら、空気がこもってきたな、と思ったら回すようにしましょう。

結露対策 「窓の断熱効果を高める」

市販の断熱シートをガラス窓の内側に貼ると、部屋の暖房効率が上がるだけでなく、結露の付着を大幅に防げます。

難点は、見た目があまり美しくないこと。また、部屋が若干薄暗くなったり、外の景色が見えにくくなったりしますので、客間などには使いにくいかもしれません。そうした点が気にならない部屋でしたら、これらのグッズで防止すると効果的です。

水で貼るタイプだと貼り付けやはがすのが簡単でおすすめです▼

窓ガラス 断熱シート フォーム 徳用2P E1600 窓ガラス 断熱シート フォーム 徳用2P E1600

ニトムズ
売り上げランキング : 724

Amazonで詳しく見る

結露対策 「室内の温度と湿度を調整する」

結露は室内外の温度差によって引き起こされます。室外の温度は調整できませんので、エアコン等の設定温度を低くするのも結露対策の方法となります。

とはいえ、あまり部屋が寒いようでは問題です。こたつやホットカーペットなど、部分的な暖房器具を併用する等すると良いでしょう。

また、空っぽの部屋にエアコンを入れ続けたりせず、過度な暖房の使用を避け、適切な温度と湿度を保つだけでも効果はあります。

まとめ

窓の結露は見た目に美しくないだけではなく、放置していると窓枠や家具が汚なくなったり、カビなどで結果的に人体に健康被害を及ぼすこともあります。

結露対策には、なんといっても換気。こまめに換気する、空気がこもってると思ったら換気扇を回すということを習慣づけるだけで、結露の防止効果はかなり違ってきます。

景観に強いこだわりのない部屋でしたら、市販の断熱シートを貼るのがおすすめです。そうした対策がとりにくい場合には、室内温度を低めに設定、床暖房などで補うと効果的に結露を予防できます。

お部屋に合った方法でしっかり結露対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
冷え性対策ぽかぽかサプリメントランキング