こたつの電気代を節約&より暖かくする方法


日本の冬を暖めてくれるものといえば・・・こたつ
こたつのない冬なんて考えられないとばかり、木枯らし一番が吹くや否やこたつをセットするこたつ愛好家も少なくありません。

普段何気なく使っているこたつですが、ずっと使いっぱなしだと電気代も気になりますね。一冬中、ほとんど毎日活躍するこたつだからこそ、電気代を節約して、賢く使いたいものです。

今回は、寒い冬の人気者”こたつ”の電気代を節約&より暖かくする方法をご紹介します!

スポンサーリンク

こたつの電気代を節約&より暖かくする方法

こたつの電気代を節約&より暖かくする方法

こたつの電気代

日本の冬の風物詩ともいえるこたつですが、こたつの電気代は高いのでしょうか?

こたつはエアコンなどの対流式暖房器具に比べると、電気代の少ない暖房器具です。仕様にも記されているように、消費電力は最大でもおよそ600ワットほど。一番弱い設定だと、せいぜい200-300ワット。大変小さい値です。

対流式暖房は広くて開いた空間を暖めるため大きな電力を必要としますが、布団で覆われた空間を暖めるだけのこたつは、それほどの電力を必要としないのです。

こたつの電気代を節約する方法

ただでさえもコストパフォーマンスの良いこたつですが、さらにこたつの電気代を節約しつつ効率的に暖めるためには、ちょっとした工夫をするのがおすすめです。

布団を厚くしたり、断熱シートを敷く

こたつ内を暖かくする方法として有効なのは、まずは、こたつ布団を熱の逃げないどっしりとしたタイプに変えるのが一番。しっかりしたこたつ布団をかければ、こたつ内の温度が逃げないばかりではなく、布団そのものの暖かさを感じることができます。

こたつ用の敷布団も電気代の節約になります。こたつの中で暖まった空気を逃がさないためには、敷布団も厚手のものがおすすめです。
また、敷布団の下に「断熱シート」を敷くと熱を逃がさず、さらに効果的です。

山善(YAMAZEN) 省エネホットマット(約2畳用) HM-21 山善(YAMAZEN) 省エネホットマット(約2畳用) HM-21

山善(YAMAZEN)
売り上げランキング : 447

Amazonで詳しく見る

ホットカーペットの省エネに利用する

次に、タイプの違う暖房器具を併用することによって相乗効果が得る方法です。

例えば、コタツの敷布団の代わりにホットカーペットを用いると、こたつをつけていなくてもホットカーペットの電力によってこたつ内が暖まります。ホットカーペットは表面から熱が逃げてしまうのが難点ですが、こたつの布団で覆うことにより、熱を逃がさず利用することができます

湯たんぽを入れておく

こたつの中に湯たんぽを入れておくのも電気代を抑えてこたつを暖かくする方法です。

こたつの中に湯たんぽを入れておくとこたつが暖かくなる上、こたつの中で適度に温度の下がった湯たんぽを、寝る時に使えるという利点があります。強者になると、この方法だけで一冬中こたつの電源を入れないなんて人もいます。

マルカの湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524 マルカの湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524

マルカ
売り上げランキング : 1125

Amazonで詳しく見る

まとめ

お布団に覆われた狭い場所を暖めるこたつは非常に経済的な暖房器具で、電気代はエアコンやヒーターなどに比べると高くありません。
特に、マンションやアパートなど、あまり広くないお部屋で一人暮らしをしている人には便利です。

そのままでも経済的なこたつですが、さらにこたつの電気代を節約したい人は、どっしりと分厚めのこたつ布団を使用したり、断熱シートを敷くなど、ちょっとした工夫を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク
冷え性対策ぽかぽかサプリメントランキング