暖かい布団の掛け方 布団や毛布をかける順番


みなさんはお布団をどのような順番でかけていますか?

なんとなく、毛布の上に掛け布団をかけるのが当たり前のような感覚がありますが、実は布団の種類によって暖かい掛け方は変わってくるのです。

今回は、布団の掛け方(布団や毛布をかける順番)についてお話します。

スポンサーリンク

暖かい布団の掛け方 布団や毛布をかける順番

暖かい布団の掛け方 布団や毛布をかける順番

敷き布団と掛け布団の間に毛布をかけるのは間違い?

体の上にまず毛布を掛けて、その上に掛け布団をかけるというスタイルは、昔から日本で一般的だった布団をかける順番です。今でも、この順番で布団と毛布を掛けている方は多く、昔ながらの木綿布団を使用している場合は間違ってはいません。

布団と毛布をかける順番

ただ、最近は布団の種類も多様になってきました。特に、掛け布団は木綿布団よりも、軽くて暖かい羽毛布団が人気です。この羽毛布団の場合は、上述したような順番で毛布をかけると、暖かさが十分に発揮できないのです。

羽毛布団を使用する時の布団をかける順番

羽毛布団を使用する場合は、直接体に密着させた方が保温力が高まります。これは羽毛(ダウン)の持つ特性のためです。

羽毛は人の体温によって膨らみ、暖かさを保つ性質を持っています。ダウンジャケットなどを着ていると、着ているうちにドンドン暖かくなってきますよね。これが羽毛の特徴なのです。

羽毛布団をかける時の毛布の順番

つまり、羽毛掛け布団と体の間に毛布をかけてしまうと、羽毛に体温が伝わりにくくなり、せっかくの羽毛布団の暖かさが十分に発揮できないということです。したがって、羽毛布団を使用する時の布団をかける順番は、体の上にまず掛け布団、その上に毛布の順が最適となります。

ただし、羽毛布団の上に重い毛布をかけてしまうと、羽毛が十分に膨らまなくなり、性能を十分に発揮できなくなってしまうので注意が必要です。

国産 羽毛布団 シングル 150×210cm ホワイトダウン【増量タイプ1.2kg】 ニューゴールドラベル正規品 320dp以上(かさ高性135mm以上) 国内洗浄・抗菌・パワーアップ加工 長期保証 掛け布団 国産 羽毛布団 シングル 150×210cm ホワイトダウン【増量タイプ1.2kg】 ニューゴールドラベル正規品 320dp以上(かさ高性135mm以上) 国内洗浄・抗菌・パワーアップ加工 長期保証 掛け布団

安眠工場
売り上げランキング : 870

Amazonで詳しく見る

昔ながらの木綿布団は毛布が下がおすすめ

昔の日本では、布団といえば木綿布団でした。木綿布団は適度な厚みと重みで外気を遮断し、布団の中を暖かく保ってくれます。

一方で、木綿の布団は、肌に直接体にあてるとひんやりした感触があり、また、羽毛のように体温で大きく膨らむタイプではありません。したがって、木綿布団を使用する際には、体の上に毛布をかけ、その上に掛け布団の順番でかけるのがおすすめです。

Heat Warm 発熱 あったか2枚合わせ 毛布 シングル ブラウン 40220106 Heat Warm 発熱 あったか2枚合わせ 毛布 シングル ブラウン 40220106

ナイスデイ
売り上げランキング : 54

Amazonで詳しく見る

まとめ

今回は、暖かい布団の掛け方(布団や毛布をかける順番)についてご紹介しました。

布団と毛布をかける順番

かつては木綿が主流だったお布団ですが、最近では軽くて暖かい羽毛布団を使う人が増えています。羽毛布団は肌に直接触れることで暖かさが増すため、木綿布団を用いる時のように、掛け布団と体の間に毛布を挟むのはあまり効率的ではないのです。

したがって、おすすめは、体の上に羽毛布団、その上に毛布をかけるかけ方ですが、個人の好みというものもあります。あくまでも快眠できることが大切なので、直接毛布が体に触れる方が良く眠れるという人は、上記の順番に固執せず、「自分が気持ち良く眠れる方法」をとるのが良いでしょう。

スポンサーリンク
冷え性対策ぽかぽかサプリメントランキング