冬の寒いお風呂場の危険 | 入浴時のヒートショック対策


ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか?

体感温度が急激に変化することによって血圧が急変し、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす症状のことです。場合によっては死に至る恐ろしい症状ですが、近年、日本でもこの事例が増えています。

日本では特に高齢者の被害が多く、死亡例や重篤な症例も報告されています。
ヒートショックの多くは身体が冷えている時に熱いお風呂に入ることによって引き起こされるので、常に身体の冷え切っている冷え性の方にとって、ヒートショック対策は重要な課題となります。

今回は寒い冬のヒートショック対策をご紹介いたします。

スポンサーリンク

冬の寒いお風呂場の危険 | 入浴時のヒートショック対策

冬の寒いお風呂場の危険 | 入浴時のヒートショック対策

ヒートショックの原因

日本でヒートショックが増えた直接的な原因は、日本風の寒いお風呂場と熱い浴槽にあります。日本人は昔から無類のお風呂好きとして知られていますが、現代でも、シャワーだけでは済まさず浴槽につかる人が大半です。しかも、年配の人、特に男の人には、お風呂は熱くなければ、という考え方があります。

住居部分、特にお風呂場が寒い上に、お風呂のお湯の温度が高い、この落差がヒートショック事故が増えた原因です。入浴時の危険を避けるためには、これらの点を見直す必要があります。

日本でヒートショックが増えた背景

日本でヒートショックの被害が増えた一因には、北海道を除いた日本の一般家庭では暖房の設備が整っていないことがあります。

日本より冬の寒さの厳しいヨーロッパでは昔から暖炉やペチカなどの暖房具が発達し、セントラルヒーティングの普及も速やかでした。一方、夏の蒸し暑さは厳しいものの、寒さの緩い日本では、冷房に比べ暖房の設備は進みませんでした。特に、昔気質のお年寄りだけの家では暖房はこたつとストーブだけという家庭がまだまだみられます。

冬の寒いお風呂場でヒートショックが増えた原因

また、日本の住宅は夏の通気を第一に考えられているので、住宅構造そのものが寒さには弱くなっています。特に伝統的な家屋では、脱衣所やお風呂場は通気を第一に考えられているので寒さには抵抗力がありません。

これらは寒い部屋から急に暖かい浴槽に入ることで、急激な温度変化を起こす原因であり、ヒートショック対策にはこの部分を見直す必要があります。

ヒートショック対策

ヒートショックの原因となる急激な温度の変化を避けるには、まず、衣服を脱ぐ脱衣所を温かくしておくことが大切です。

脱衣所に遠赤外線の小型ストーブを置いておくだけで、脱衣時の身体の冷えを緩和することができます。お風呂場にも、入る前に高い位置からシャワーをかけるなどして、湯気でお風呂場全体を温めておきましょう

冬の寒いお風呂場でのヒートショック対策


そして、お湯につかる前にはかかり湯をし、徐々に身体をお湯に慣らすこと。入るお風呂を熱すぎないようにすることも大切です。

お湯につかる時は一気につからず、足先から徐々に沈み込むような感じにします。子供のように、心臓までドボン、なんていうつかり方は大変危険ですので、避けてください。

まとめ

寒い冬、凍えた身体を一刻も早く温めたいという気持ちは分かりますが、冷え切った身体でいきなり熱い浴槽に入るのは大変危険です。

ヒートショックの危険を避けるためにも、お風呂場に入る前に脱衣所を温めておく、お湯加減を適温にしておくなどのひと手間を忘れないようにしましょう。それだけで、リスクはかなり下がります。

お風呂好きの方は特に、こうしたヒートショック対策を万全にして、入浴時の危険を減らすよう心がけましょう!

スポンサーリンク
冷え性対策ぽかぽかサプリメントランキング