ヒーターの種類と特徴比較 | 寒い冬を乗り切る暖房器具


寒い冬に欠かせないのが、ヒーターです。最近のヒーターは熱伝導の効率もよく、すぐに暖かくなってくれるので、一人暮らしの人にもありがたいものですね。

現代では、オフィスやお店、モールなど、寒い時期はどこでも暖房をしっかり効かせているのが普通です。私たちの身体も暖房の暖かさに慣れ、もはや暖房なしの生活は考えられません。

今回は、冬の寒さを助けてくれるヒーターの種類と特徴を比較してみましょう!

スポンサーリンク

ヒーターの種類と特徴比較 | 寒い冬を乗り切る暖房器具

ヒーターの種類と特徴比較 | 寒い冬を乗り切る暖房器具

ヒーターの種類

まずは、ヒーターの種類をみていきましょう。

エアコン以外でもっとも馴染み深いのは、ファンヒーターでしょう。

ファンヒーターには、セラミックファンヒーター、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどがあります。これらは、空気を暖め、それを対流させることによって部屋全体を暖める「対流式」と呼ばれるヒーターです。

一方、赤外線を拡散することによって部屋を暖めるタイプのヒーターがあります。こちらは「輻射式」。ハロゲンヒーターやオイルヒーターなどがこれにあたります。

その他、ホットカーペットのような熱伝導で暖める暖房器具もありますが、ここでは、「対流式暖房」と「輻射式暖房」をの違いを比較してみます。

対流式ヒーターの特徴

対流式ヒーターの特徴は、部屋全体を温める能力に優れている点です。ヒーターから暖かい空気を直接送り出す方法のため、部屋を短時間で暖めることが出来ます。一方で、乾燥しやすいというデメリットもあります。

対流式ヒーターとして代表的なのは、エアコン、ファンヒーター。これらの暖房器具を利用するときは加湿器を併用するなどの工夫をしたいものですね。また、暖められた空気の対流によって部屋の埃が舞いやすいという欠点もありますので、エアコンなどを常用するお部屋では、吹き掃除をこまめに行いましょう。

Panasonic セラミックファンヒーター コンパクト ホワイト DS-F1204-W Panasonic セラミックファンヒーター コンパクト ホワイト DS-F1204-W

パナソニック(Panasonic)
売り上げランキング : 346

Amazonで詳しく見る

輻射式ヒーターの特徴

輻射式ヒーターは対流式よりも安価に入手できるというメリットがあります。遠赤外線によりじっくりと付近のものを暖めるため、部屋が乾燥したりホコリが舞ったりということがありません。一方で、対流式と比べ、部屋を暖めるには時間がかかるというマイナスの特徴もあります。

人気の暖房器具の中では、赤外線ヒーター、ハロゲンヒーター、オイルヒーター、パネルヒーターなどが輻射式暖房になりますが、これらの暖房器具は仕切りや遮蔽物があると熱気が伝わりにくいため、対流式と比較すると、広い空間を単品で暖めるには適していません。用途によって上手く使い分けていくのが良いでしょう。

TEKNOS 遠赤外線カーボンヒーター スリムタイプ CH-305M TEKNOS 遠赤外線カーボンヒーター スリムタイプ CH-305M

千住
売り上げランキング : 397

Amazonで詳しく見る

まとめ

一口に「ヒーター」といっても色々な種類があります。

比較してみると、天井の高い広めの部屋(8畳以上)を全体的に暖めるなら、最も効果的なのはエアコンでしょう。一方、あまり広くない部屋を全体的に暖めるなら、ファンヒーターやオイルヒーターが適しています。

寒いキッチンの足元は赤外線ヒーターを置いたり、すぐに暖めたい部屋にはファンヒーターを設置する等、色々な種類のヒーターの特徴を上手に利用して、寒い冬を乗り切っていきましょう!

スポンサーリンク
冷え性対策ぽかぽかサプリメントランキング