冬の暖かいシーツ・敷きパッドの素材・種類と特徴


寝具というと布団ばかりが注目されますが、暖かく快適に眠るにはシーツや敷きパッドの素材も気になりますね。

お店に行くと色々な素材のシーツやパッドが並んでいますが、最近人気なのが、フリースマイクロファイバーです。目にする機会は多いですが、それぞれの素材にどんな特徴や効果があるのかというと、よく分からない方も多いと思います。

今回は、暖かいシーツ・敷きパッドの素材・種類と特徴についてご紹介します。

スポンサーリンク

冬の暖かいシーツ・敷きパッドの素材・種類と特徴

冬の暖かいシーツ・敷きパッドの素材・種類と効果

シーツと敷きパッド

種類としては、シーツではボックスシーツが最近の人気商品となっています。ボックスシーツというのは、シーツの四隅にゴムが入っていて、敷布団やマットレスをくるみ込むように作られているシーツのことです。敷布団をぴったりとカバーできるので、寝相の悪い人でもシーツがよれることなく眠れます。

敷きパッドは四隅にゴムが設置されているもので、セットが非常に簡単なので、手軽に取り入れられます。

ボア、フリース、マイクロファイバーの違い

冬用の暖かいシーツや敷きパッドの素材としては、以前は起毛したボアシーツが人気でしたが、最近ではフリースマイクロファイバーが主流です。

フリース

フリースというのはポリエステルの一種「ポリエチレンテレフタラート」を原料とする軽くて柔らかい素材です。ボアと同じく起毛仕上げをされていますので、冬の繊維として人気の素材です。

今ではファッション素材としても有名なフリースですが、最初はウィンタースポーツや釣りといった分野での防寒具として人気でした。それまでのニット素材などと比べると、軽くて保温性が高かったからです。柔らかくて肌触りが良く、安価に手に入る上、速乾性が高くて簡単に洗濯できるというメリットがあり、現在では衣料から寝具まで幅広い分野で人気となっています。

冬の暖かいシーツ・敷きパッドの素材としても人気ですが、静電気が起きやすい、毛玉が出来やすいという難点もあります。

32色柄から選べるスーパーマイクロフリースカバーシリーズ ボックスシーツ シングル 無地 ネイビー 32色柄から選べるスーパーマイクロフリースカバーシリーズ ボックスシーツ シングル 無地 ネイビー

COSPA
売り上げランキング : 981429

Amazonで詳しく見る

マイクロファイバー

マイクロファイバーは、フリースと並んで、冬場のシーツの素材として人気です。マイクロファイバーというのは、ポリエステルなどを原料とした極細ファイバー(繊維)のことです。

高い保温性に加え、吸湿性と速乾性が高く、開発されて以来、様々な分野で新素材として注目されてきました。

フリース比較してどちらが暖かいかは一概にはいえませんが、マイクロファイバー製の方がフワフワ感・ボリューム感があるため、マイクロファイバーの方が暖かいと感じる方は多いようです。ただし、極細繊維ですので、耐久性には劣ります

mofua モフア プレミアム マイクロファイバー 敷パッド シングル ブラック 50010110 mofua モフア プレミアム マイクロファイバー 敷パッド シングル ブラック 50010110

ナイスデイ
売り上げランキング : 3350

Amazonで詳しく見る

上記以外のボア素材

ボアというのは、毛皮のようにふんわりと起毛して織った素材のことです。そのため、ボアシーツはふんわりと艶やかで、見た目も豪華です。

難点は、使っているうちに起毛のふんわり感が落ちてしまうこと。特に、洗濯すると質感が変わってしまうことがあるので、洗い方には十分な注意が必要です。

東京西川 ふわふわボア敷きパッド ベージュ 東京西川 ふわふわボア敷きパッド ベージュ

西川産業
売り上げランキング : 162793

Amazonで詳しく見る

まとめ

今回は、「冬の暖かいシーツ・敷きパッドの素材・種類」についてご紹介しました。

暖かいシーツと敷きパッドは、寒い冬に安眠をもたらしてくれる助っ人のような存在です。

ボア、フリース、マイクロファイバーなどが人気ですが、大まかにいって、見た目の豪華さならボア、軽さならフリース、厚みや手触りならマイクロファイバーがおすすめです。ただし、それぞれに特徴がありますので、長所・短所を考慮して選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク
冷え性対策ぽかぽかサプリメントランキング