赤ちゃんの冬の服装・暖房・寒さ対策


寒い冬。大事な大事な赤ちゃんが凍えないようにしようと、とお父さん、お母さんは心配になりますよね。特に、最初の赤ちゃんともなると、風邪をひかないか心配で、どんどん着せてしまうお母さんもいます。

赤ちゃんの冬の服装・暖房・寒さ対策


でも、赤ちゃんの寒さ対策は温かくしてあげればいいというわけではありません。赤ちゃんは大人より小さいというだけではなく、お母さんのお腹から生まれてきたばかりで身体機能も発達していません。世の中で生きていく機能を身につけなくてはいけないので、少しずつ世の風にも当ててあげなければいけません。

大切なのは、その加減。赤ちゃんに適した暖房、冬の服装を選んで、正しい寒さ対策を講じましょう。今回は、赤ちゃんのための冬の服装とお部屋の暖房など、寒さ対策についてお話します!

スポンサーリンク

赤ちゃんの冬の服装・暖房・寒さ対策

寒い冬の赤ちゃんの服装と暖房で寒さ対策

着せすぎは禁物!

生まれたての一時期を除いて、赤ちゃんだからといってたくさん着せる必要はありません。

3か月までは普通の大人と同じくらい、夏なら肌着プラス一枚で十分です。冬の服装は、肌着プラス2枚、お出かけ時には、それに加えて靴下や手袋、帽子などで先端をカバーしましょう。

3か月を過ぎると活動量も大きくなるので、大人より少なめで大丈夫です。赤ちゃんは大人より体温が高いので、たくさん着せすぎると汗をかいて消耗してしまいます。汗が冷えると風邪をひく元にもなりますので、くれぐれも着せすぎにはご用心!

空気の乾燥に気を付けて!

赤ちゃんの寒さ対策というと、温度を高くすることばかり考えるママさんがいますが、大切なのは温度だけではありません。部屋全体を快適な環境に整えてあげることが大切です。

例えば、エアコンを入れるなら、空気が乾燥しないように加湿器を置いたり、濡れタオルを干したりして、湿度を保持するよう努めましょう。赤ちゃんは無防備なので、空気が乾燥するとウィルスにとらわれやすくなります。

寒い冬の赤ちゃんの暖房と寒さ対策

動き回った後は、赤ちゃんが汗をかきすぎていないかもチェックしてあげましょう。暑がっているようなら上着は一枚脱がせてあげて、冷えやすい手足だけカバーしてあげればOKです。エアコンに頼りきりにせず、ママやパパの目でチェックしてあげてくださいね!

寝る時も暑すぎないように!

起きている時は動いてるから温かそうだけど、寝る時はどうしましょう?「赤ちゃんは寝ている時、寒くないの?」という疑問が湧きますが、寝る時でも、着せすぎはやはり禁物です。

寝るという行為は意外に体力を使います。大人でも就寝中はコップに一杯の汗をかくと言われていますが、代謝の良い赤ちゃんはもっとたくさん汗をかきますので、モコモコした毛糸物など着こませる必要はありません。肌触りの良い肌着とごく普通のカバーオールで十分です。お布団は、寝返りが打ちやすいよう、柔らかすぎるものは避けましょう。

まとめ

赤ちゃんはお父さん、お母さんの宝物。赤ちゃんを育てている時は、何もかもが心配になってしまうもの。「自分たちが寒い冬は小さな赤ちゃんならもっと寒いだろう」と、暖房をしっかり、着るものもしっかり、となってしまいがちです。

ですが、代謝の良い赤ちゃんの冬の服装は、大人のマイナス一枚くらいが頃合いなのです。

部屋を暑くしすぎたり、洋服を着せすぎたりせず、寒気と湿度調整をしっかりチェックして、正しい寒さ対策をしてあげてくださいね。

スポンサーリンク
冷え性対策ぽかぽかサプリメントランキング